海外で爆速就職

日本とオーストラリアの働き方比較

 

メルブログのYOSHIです!
2019年9月にオーストラリアのメルボルンに移住し、
現地企業の購買部で会社員をしています!

 

今日は日本とオーストラリアで働いた経験をもとに、
働き方の比較をしてみようと思います!


海外の働き方を見習おう! 残業は悪だ!と聞くこともありますが、
本当に海外での働き方は最高なのでしょうか?


日本で約4年、オーストラリアで約1年働いた、
私の個人的な感想を書いてみようと思います。
先に結論を言っちゃうと、「人による」ですね。笑




「仕事は自分の能力を会社に提供し、対価を得るところ!」
と断言できる人は、海外や外資系で働くのが向いていると思いますが、


「同僚や会社の人とも仲良くしながら、色々と教えを請いながら仕事をしたい!」
という人であれば、日本で日経の会社で働くほうが、
心地よいのではないかと感じます。

 

 

この記事の要点

  • オーストラリアの良い点(業務内容が明確)
  • オーストラリアのあんまりな点(戦力重視!)
  • 日本の良い点 (他部署とのつながり・福利厚生)
  • 日本のあんまりな点(無駄な上下関係・残業)
  • まとめ

 

 

 

 


オーストラリアの良い点

基本的に、役割での採用となるので、
会社やチームがあなたにしてほしいことが明確です



なので、

全く自分に関係ない仕事を振られたり、
会議に参加させられたりすることはありません。



求められた仕事をきっちりとこなす。
こなしすぎて仕事量を増やされないように注意です。笑




また、


常に仕事をしていないとサボっているように思われることはなく、
きちんと業務をこなしていれば、
休憩を長めにとってもなんのお咎めはありません。


自分のペースで自分の能力を発揮できるので、
非常にやりやすい環境だと感じます。


 


オーストラリアのあんまりな点


良い点の裏返しにもなりますが、

 

採用は戦力重視で、人材を育てるという価値観が希薄です。


基本的には、必要な業務をこなすだけの人材を雇うので、
育てる必要がないということですね。


勉強のために他の部署の会議に参加させてもらったり、
社費でセミナーに参加させてもらったりということはあまりないです。


自分の業務時間は会社への利益貢献のためということでしょうか。
どうしても勉強をしたいときは自費負担がほとんどです。


 

 

日本の良い点


会社内に労働組合があったり部内の飲み会など、
会社内での交流が多くあることだと感じます。


飲み会や会社の人との交流なんか要らない!
という人もいるかも知れませんが、

 

一緒に仕事を進めるときや、何かお願いするときには、
全くの他人だと少し大変な時もあります。



飲み会や交流会で知り合った人がいれば、
話や相談がしやすかったりするので、
仕事を進める上での資産ではないかなと思います。




あと、日本の会社は手当や福利厚生が厚いですね。


通勤手当や住宅手当、残業手当に出張手当、家族手当に役職手当!
どんだけあるんですか笑


私の働くオーストラリアの企業ではこれらは存在しません・・・。



冷静に考えてみると、日本で働いていた頃わたしは、

 

通勤手当:半年に1回(年間10万円)
残業手当:月6万円(年間72万円)
出張手当:月に3000円(年間3.6万円)

合計:年間85万円

 

85万円も給料と別に稼いでいたことになります!
日本の会社の手当の厚さは非常に魅力的だと思います。

 

改めて考えることがないだけで、
実際に給料と別に計算してみるとなかなかの金額です。

 

 

日本のあんまりな点



1つは上限関係です。
これは業務上の上下関係ではなく、年齢による上下関係です。


・若手は雑用をさせられたり
・会議室にお茶汲み係で派遣されたり、
・飲み会の幹事に抜擢されたり、

 

合理的な理由がない&拒否権なく雑用をさせられたりすることがありますよね。



それで得られることもあるので、やぶさかではないタイプですが、
年齢が下なだけで強制的に時間や労力を奪われることが非常に不快でした。



もう1つは残業文化です。


・上司が帰るまで帰れない
・残業が生活給になってしまって無駄に帰らない
・8時間で終わる業務量を考慮して仕事を与えていない


など、時間の拘束が長いことが挙げられます。


残業したい人は、してもらって結構ですが、
定時に帰ってはいけない雰囲気は悪でしかないですね。

 

 

おわりに




いかがでしたでしょうか?

私の経験を振り返ってみると、どちらかが絶対に良い!
ということは言いがたいので、

「ひとによる」という結論となりました。



「時間」という点で切り取ると、オーストラリアに軍配があがるでしょうし、
幅広い成長や手当」という点では日本に軍配が上がるでしょうね。


私は両方を兼ねたハイブリッドな会社が良いなと思います。笑
(手当あり、他部署との交流あり、残業なし、業務内容が明確)


それではまた!



YOSHI

 

 

 

 

 

 

-海外で爆速就職
-, , , , , ,

© 2021 Powered by AFFINGER5